2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校行事としての講演会?!

2年半前は、これを批判しているサイトがあまり見当たらず暗澹たる気持ちになったのだけど、 今回またいろいろ探してて、きくち先生の「体験談募集」を見つけ、早速メールを書きました。
すぐにお返事をくださり、きくち先生たちがこれの批判を展開なさっていることを知って心強く思いました。最近、きくち先生のブログに、あの著者本人が小学校で講演してる映像がリンクされていました。
ttp://spiritualtv.com/peace&envirnment.htm
ここの、真ん中よりちょっと下のあたり。映像みてガクゼン。一教師が授業したというのでなく、学校行事として(PTA?)講演に、ご本尊(?)を呼んだのか…。この学校の先生は誰一人として疑わなかったのか?本当に??

映像を見てみると、講演のあと「授業」をやっている。で、手をつないで輪になって、机の上にある水に呼びかけてるよ…。その輪の中には、子どもだけじゃなくて大人(教員?保護者?)もいっぱいいるよ。本気か?誰も拒否する人間はいなかったのか? もはや正気の沙汰とは思えないぞ。百歩ゆずって、あの会社の中でとか、信じる人だけの講演会とかでやるのはいいよ。でも、公立の小学校でやるかこういうことを!? 自分の子がそんな手をつながされて水に向かって「お水さん、ありがとう」「お水さん、あなたを尊敬します」って言わされて、本当に保護者はみんな平気なのか??

なんて、映像見てエキサイトしてたら、ネット友達のたれこみがあった。

ttp://blogs.yahoo.co.jp/hiroasakawajp/4512950.html

江本氏を招いた人のお友達のブログみたいです。どういう顛末で小学校での講演会!が実現したかが書かれています。脱力。
この方たちがどういうことを信じようと、どういう世界で生きていようと、別にわたしがどうこう言う筋合いはありません。

が、校長! この話を持ってこられて許可した校長! 何考えてるんだよ!!! そんでここの学校の教職員は、そんな校長に逆らえないの?誰一人として「おかしい」「あぶない」と思わなかったの?本当に?
(ああいう、はっきり言ってお粗末な返答ではあったけれども、うちの校長はまだまし、というか、まったくすごく良心的な部類だったのね!ということがよくわかりました。)

なぜ自分がこの件にこんなにこだわっているのか。
最初それは、「こういうのを信じる人の心理が知りたい」だったのですが、それはなんとなくわかってきた、というか、そういう人とは接点がないからもういい。

最近は「別に本気で信じてなくてもこれを許容する人」の心理に興味があります。(多分、これを授業に使う多くの先生方はそうなのだと思う。)

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。