2017-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもなめてませんか?

まあ、個人的に水が文字を読むと信じようが、生活用品がア×ウェイ一色になろうが、わたしに迷惑がかからなきゃそれでいいです。しかし、信じやすい人、というのはいるもんなんだなー。
いろいろ検索してみると、あれを授業に使ったという先生は本当に多いですね。こんなのを授業でやるなんて、悪徳商法にひっかかる人間を量産してるようなもんじゃん。というか、これを授業に使う先生って結局「信じやすい人」なんだろうなぁ。

こういうのって、学歴とか、理系だとか文系だとか関係ないんだなぁと思う。
最初、これを息子の授業に使った先生は専攻は理科ということをやたら強調する人だった。次の年、結構若いのに管理職になった(ということは、試験に受かったってことだよね)。

これを授業で教える先生が全員、本気で「水が文字を読む」と信じているわけではないと思うんだ。写真がきれいで、ビジュアルで子どもに訴えやすくわかりやすい。なんとなく「実験」という言葉でかっこいい。しかもTOSSでいろんな人が使っている。じゃあ自分もやってみようか、みたいな。

なんか子どもなめてませんか?
うちの息子は漢字テスト100点満点で30点とかへーきでとってくるようなやつですけど、これに関しては最初から「へん」と言ってました。私は最初彼が何を言っているのか全然わからなかったのです。「なんか音楽聞かせて結晶が大きくなるとか言ってたけど、ズームしてるだけじゃん」と、3年生当時言っておりました。彼は漢字書けないだけでなく、言語表現全般が苦手なので、ほんとに何言ってるのかわからなかった。保護者会でビデオ見せられて初めて「これか!」と思ったわけです。
で、感想になんて書いたの?「ヘン」って書いたの?と聞いたら
「そんなこと書いたら先生が怒って大変なことになるから、『すごいと思った』とかっててきとーに書いたよ」

うーーーん。「王様ははだかだ」と最初に指摘したのは子どもですが、うちの息子はそういう天真爛漫キャラでもなく、「何かおかしい」ともんもんとしていたみたいです。
何がどうおかしいのか、わたしが言語化したらちょっとすっきりしたみたいですが。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

最近の記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。